婚約指輪の相場を知ろう|永遠を誓った相手に送る

向かい合う男女

花嫁におすすめのドレス

笑顔の新郎新婦

ホワイトドレスの選び方

ウェディングドレスの色に白を選ぶ由来としては、19世紀にイギリスのヴィクトリア女王が結婚式で着用したことで世界中に広まっていったという説が有力です。純潔でないと着られないということではありません。日本の白無垢のように婚家に染まるというような意味はありませんが、気分を一新するというような意味も込められています。年齢に関係なく肌を美しく見せてくれますし、一生に一度しか着られないものなので記念に着るというのもよいでしょう。さまざまなデザインがありますので、トレンドには左右されずに自分に似合うデザインのものを選ぶのがおすすめです。近年は袖があるレースが美しいシンプルなAラインが人気です。しかし、流行に流されずに自分の体型に合わせて、細部にこだわりながらドレスを決めましょう。

カラードレスの選び方

ウェディングドレスのお色直しは日本ならではの習慣であると言えます。欧米には一般的にないものですが、白を着たくない人がカラードレスを選ぶということはあります。誰もが憧れるホワイトドレスですが、2回目の結婚式には遠慮する人がいたり人とは違ったウェディングがよいという人は好きな色のウェディングドレスを選ぶようです。どの色でも好きな色を着てよいですが黒を選ぶのはメジャーではありません。しかし、黒でも一定の需要はあるため、これが好きな方は選ぶといいでしょう。日本では、ピンク、ブルー、イエローなどの可愛い色が人気ですが、赤や紫で大人っぽいコーディネートにまとめる人もいるようです。ホワイトドレスと同様にカラードレスのウェディングドレスも自分に似合う色やデザインがベストです。